9月6日の北海道胆振東部地震、函館もめちゃくちゃ揺れました。
多分、私が今まで経験した地震の中でダントツ1位に感じるほど。

私の家では、地震後すぐにテレビをつけてNHKをしばらく見ていたけど、家の中の被害はなかったし、震源地も遠いしで母と私は寝なおそうと話していました。
「きっと夜中だから被害状況がわからないだけで、震源地近くでは大きな被害が出ていそうで怖いね。少しでも被害がないといいね。」みたいな会話をしつつ寝ようと思っていたところ電気がプツンと消えました。停電です。
我家の地域は、地震後30分くらいは電気がついていました。

電気復旧は、8日の午前8時半頃に無事復旧。
市内住みのお友達に聞くと、ほとんど停電しなかった地域も若干あったみたいだけど、ほとんどが2日以上停電していたようです。
また同じ町内会でも停電状況が道1本隔てて違っていたりってのもあったようです。
また住む地域によっては停電 + 断水していた地域もあったみたいで、みなさん不便な生活をされていました。
公営団地みたいなところでは、そこだけ断水ってのもあったようです。


電気のない生活は本当に不便でしたが、当たり前に感じていたライフラインのありがたさを痛感させられた停電中でして、いろんなことを考えるいい機会でもあったように思います。
不幸なことに、車のガソリンがほとんどなく、明日満タンにしなくちゃなーって思っていた矢先の地震だったため、スマホに充分な充電ができなくて、ラジオにかじりつくような生活でした。


役にたった情報源は・・・
地震直後のNHKのラジオ

時間経過後は、STVラジオ

函館市内のライフラインに関する情報や被災後の生活に関しての情報源として
函館のコミュニティラジオ FMいるか

Twitterアカウントだと下記からの情報がとても役に立ちました。

函館災害情報 @hakodate119
函館市ANSINメール @Hakodate_ANSIN
FMいるか 80.7MHz @fmiruka ‏

地震直後の情報源としてさすがNHKは有能だなーと感じましたが、時間経過していくと震源地や被害の酷いところの情報を繰り返し放送していたので、停電中の不便な生活している中で函館の情報源としてはイマイチに感じました。またSTVもどうしても札幌近郊の情報が多く、函館市民だと、ローカルFM局のFMイルカがとても便利で役に立ちました。
停電中は、ガソリン給油もままならず、信号が停電していてスタンドが営業しているところがなく、かといってガソリンが少なかったせいで探し回ることもできないでいましたが、Twitterの函館災害情報 @hakodate119からの情報のおかげで無事給油が出来てよかったです。
またスーパーなどでは品薄になっていて、お買い物も不便していましたが、「◎◎のお店でお肉まだ売っています」「××のお店でパンと牛乳まだ売っていました」などリアルタイムで生活に直結した情報を知ることが出来て助かりました。
函館市民だと、函館災害情報 @hakodate119 のTwitterはフォローしておくのが良いと思います。ここの情報は頼りになります。またフォローされている同士で情報をやり取りできるので、とても心強かったし、自分もガソリンスタンドやスーパーの状況の情報提供しました。


もしこの他にも良さそうなアカウントがあれば教えていただけると嬉しいです。
スポンサーサイト

暴走レンタカー!

親戚に不幸があり、葬儀に出るため母と従姉の3人で留萌まで行ってきました。
片道450kmなので高速を使って約6時間。

道央道は、「大沼公園」から高速に乗ると対面通行で確か「登別」あたりからやっと2車線になります。
対面通行区間は、途中ところどころで追い越しできるようにたまに2車線(2km位の区間)になりますが、基本1車線なのでマイペースな超低速車なんかがいると結構大変です。
幸い、路面の雪は解けていたので走りやすかったし、苫小牧まではガラガラでした。
行きも帰りも混雑していたのは、千歳~岩見沢の区間だけで、あとは空いていてスムーズな流れだったので、行きも帰りも予定より早く到着しました。

そんな中行きも帰りも目についたのがレンタカーです。
コンパクカークラスのレンタカーだといかにも「運転に慣れていません!」みたいな法廷速度厳守の慎重な運転している車ばかりだったのですが、ハイエースやアルファード・ヴェルファイアなどの大きな車種のレンタカーがめっちゃ飛ばしていて怖かったです。
車の間をくねくねと縫うように暴走してゆくし、前の車が遅くて詰まっているときなどは、後ろにベタ付けで車間距離なしで煽ってきます。

こういう車種って中国からの富裕層の観光客が乗っていることが多いと聞きます。
実際に中国人が乗ってるレンタカーは何度も見たことがあります。
六花亭のお店にレンタカーで乗り付けてきたり、ドラッグストアーに爆買いにきたり。
大きなレンタカーが止まると、大人から子供までいったい何人乗っているんだろう?と思うほどワラワラと降りてきて、聞こえてくる言葉は中国語。しかも音量MAX。
SAにも大きなレンタカー乗りの中国人がやっぱりたくさんいました。
「触らぬ神に祟りなし」で関わらないのが一番なのかな?こういう車と事故でも起こしたらやっかいそうだなーと感じましたし、怖いなーと思いました。日本で運転するには国際免許とかがあるのだろうとは思いますが、交通マナーとかの認識が若干日本人とは違う部分がありそうだし、譲る気持ちより「どけどけおらぁー」みたいに考えてる方も多そう。これは日本人の運転手の中にもアブナイ運転される方は多いのですが、慣れない道路でなれない車運転されているレンタカー乗りさんのほうがやっぱり危険かなーと思います。

北海道はこれから観光シーズンでますます賑やかになってきます。
北海道は広いからレンタカーで走る方も多いと思いますが、暴走気味のレンタカーも多いので注意してください。




ちょうど5年前に1度書いたことがあるのですが、大寒波で暴風雪のため不幸にも立ち往生してしまった場合を想定して準備しておくと良さそうなリストです。

【 5年前の記事 】
冬の北海道 車に備えておくべきリスト 2013年版 (2013年3月4日)

JAFの実験では、マフラーが塞がった状態でエンジンを始動すると、10分後にCO濃度(一酸化炭素)は400ppmに上昇し、16分で1,000ppmまで上昇。この数値は、2〜3時間で致死量に達するそうです。
注意したいのは、2〜3時間までは安全という事ではないという事。
一酸化炭素中毒の初期症状の目眩や不快感から始まり、それが重度の意識障害などに繋がるそうです。
一酸化炭素が蔓延して5分後に意識障害を起こしたら、そのまま誰にも救出されずに2〜3時間車内で過ごす事になり致死量に達して死亡。もしくは意識障害のまま凍死もあるかもしれません。
万が一雪の中立往生してしまったら、「エンジンが暖まるまで」「10分程度なら」といった安易な考えでエンジンをかけてしまうのは危険です。

雪による一酸化炭素の危険性

雪の中立往生してしまい遭難した場合
アイドリングで救助待ちCO中毒死
エンジン止めて救助待ち凍死
車捨てて避難遭難死
生き延びるためには、
エンジン止めて救助待ち→自力装備で凍死回避の車中泊を私は選びたい!

だからやっぱり、万が一の時のために自力装備が必要です。

富士山

富士山

久しぶりに富士山を見ました。
機内からだったけど、晴れていたのですごくよく見えていて母も大喜び♪
冬の装いでお出かけしたけど、東京は暑かった^^;

東大沼 留の湯

東大沼 留の湯

東大沼温泉 留の湯に行ってきました。

日帰りだと写真の内湯が1つあるのみのシンプルさです。
玄関には、「シャワーやカランはありません。それでもいいですか?」みたいな張り紙がされていました。写真に写っているシャワーも水道もお湯の出がとても悪く、張り紙どおりにほとんど使用不可といった感じでした。健康ランドなどの設備の整っているお風呂に慣れきった方だと厳しいかもしれませんね。お風呂上級者向き?といった感じです。

東大沼 留の湯

東大沼 留の湯

東大沼温泉 留の湯
住所: 〒041-1351 北海道亀田郡七飯町東大沼42
電話:0138-67-3345
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。