妄想激嬢

自分の興味あることの覚書としてメモってます。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お役に立てたらClickしてネ(* ^ー゚)ノ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東大沼 留の湯

東大沼 留の湯

東大沼温泉 留の湯に行ってきました。

日帰りだと写真の内湯が1つあるのみのシンプルさです。
玄関には、「シャワーやカランはありません。それでもいいですか?」みたいな張り紙がされていました。写真に写っているシャワーも水道もお湯の出がとても悪く、張り紙どおりにほとんど使用不可といった感じでした。健康ランドなどの設備の整っているお風呂に慣れきった方だと厳しいかもしれませんね。お風呂上級者向き?といった感じです。

東大沼 留の湯

東大沼 留の湯

東大沼温泉 留の湯
住所: 〒041-1351 北海道亀田郡七飯町東大沼42
電話:0138-67-3345

≫ Read More

スポンサーサイト

お役に立てたらClickしてネ(* ^ー゚)ノ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

| 温泉 | 22:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スパ&カーサ函館 無料宿泊体験キャンペーン

函館大門地区(函館駅前)にスパ&カーサ函館(温泉つきコンドミニアム型ホテル)が今月新規オープンしました。
現在オープン記念として、1泊無料宿泊体験キャンペーンを行っています。WEB or 往復ハガキから簡単に応募可能。

ここのホテルには、天然温泉大森の湯 があり宿泊者はもちろん日帰り温泉としても利用できるようです。
以前ブログでご紹介した、2010年10月末に閉館してしまった 函館温泉ホテル跡地から直線距離で約500m位の距離になります。現在函館温泉ホテルは介護施設として運営されていまして、建物をリフォームして活用されているようです。多分温泉もそのまま施設関係者のみで利用されているのでしょうか?
大森の湯は、ナトリウム-塩化物強塩泉(かけ流し温泉)ということなので、おそらく以前の函館温泉ホテルのお湯にかなり似ていると予想。函館温泉ホテルのお湯もナトリウム-塩化物強塩泉で中性高張性高温湯のいいお湯でした。
赤茶色のお湯で塩辛く鉄臭いお湯だったのですが、多分大森の湯はこれにかなり近いお湯の予感♪
函館温泉ホテルの温泉の大ファンだった私としては、すぐにでもかけつけたいところですが・・・
なんと、1泊無料宿泊体験キャンペーンに当選しました^^v

7月末に応募して、約2週間で当選メールが届きました。
キャンペーンは、自分の希望の宿泊日を第三希望までリクエストでき応募する形です。
私は第一希望の9月上旬に体験宿泊ができますよぉーと当選メールが届いています。
市内に住んでいるからだめだろうなぁ~とダメモトで応募したのですが見事当選♪今かすごく楽しみです。
もうオープンしているし、日帰り温泉だけ先にいきたいところですが我慢我慢(笑)
せっかくご好意での宿泊体験できるのですから、このときに感動したいなーと思っているからです。
大好きだった函館温泉ホテルのお湯に似ている温泉にまた入れるなんて考えてもいませんでした。
ふやけるほど温泉三昧してこようと思って楽しみに楽しみにしています^^

気になるかたは是非応募してみてください。
多分、宿泊客の混み合う週末などでなければ、かなりの選率であたるような気もします。
私が当選して宿泊できる日も平日を希望しました。



スパ&カーサ函館 オープン記念無料宿泊体験キャンペーン
応募期間 2014年8月12日~11月11日まで (宿泊希望日の2週間前までにご応募すること)
締め切り 10月20日(月曜日まで)
応募方法は、ハガキかWEBの応募フォームから
基本は、1室2名での利用のようですが、最大5名まで対応してもらえるようです。
食事をする場合は有料になります。また駐車場も500円の有料のようです。
詳細は、下記リンク先でご確認ください。
◆スパ&カーサ函館

また「天然温泉大森の湯」無料ご招待として、往復ハガキで応募するキャンペーンも行っています。
大森の湯に無料入浴できるチャンスです。こちらも詳細は下記リンク先でご確認ください。
こちらは、当選すると無料で入浴できるほかに希望者は、夕食バイキング通常3000円のところ1000円で食事ができるみたいです。お風呂にゆっくり入ってバイキングでお腹いっぱいになれるなんて最高ですよね。
◆天然温泉 大森の湯

大森の湯
写真は、大森の湯からお借りしました。
体験宿泊できたら、ブログですぐに報告したいと思います。



お役に立てたらClickしてネ(* ^ー゚)ノ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

| 温泉 | 02:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

七重浜の湯

先日、七重浜の湯に入浴してきました。

ここは函館市に隣接する北斗市七重浜にある入浴施設です。
古くからある施設で、以前は「ホテル海王館 函館スパビーチ」という施設名で
ウォータースライダーや波の出るプールなどがあるレジャー施設でした。
併設して宿泊施設・ホテル海王館、温泉(?)入浴施設、スポーツクラブがあり
多分私の記憶が確かなら25年位前にオープンした施設だったと思います。
それが浜辺に建つ建物からなのか、塩害による屋根等の腐食により平成18年レジャープールの営業を終了。
その後ホテルとスポーツクラブとで営業継続。
それが去年7月にフィットネスクラブを併設し、海岸に面して露天風呂を新たに設置し
道南初という「高濃度炭酸泉」を導入した天然温泉七重浜の湯と完全リニューアルオープン。こんな流れでオープンした七重浜の湯。

オープンしていたことは知っていたけど、温泉?ほんとに?・・・という気持ちが強くて足が向きませんでした^^;
なぜなら、過去にここの施設で働いていた方と知り合いだったからです。
温泉というけど、塩素ガンガンで温泉とは名ばかりだと聞いていましたし
以前入浴したときに私も「あれ?これ温泉なの?ほんと?」と感じました。
今回もまた同じ感想です。
でも天然温泉という表記がついたりついていなかったりしていて
先日伺ったときにいただいたパンフレットには温泉という文字がひとつも書かれていません。
もちろん温泉成分に関しての表記もなしです。
でも新装オープンについての函館新聞のWEB版などや各種のニュースには
「函館 天然温泉 七重浜の湯」とあり、公式サイトのWEBタイトルにも天然の文字があるけどサイト内には、やっぱり温泉成分に関してのページは何もなし・・・どっちやねん!w

まっ、そんなわけで私としては、疑惑の温泉だから「スーパー銭湯」という認識のもと行ってきました^^

私が行った日は、ちょうど平日の午後2時頃。
多分空いてると思っていってみたけど、かなりの混み具合。
ジモティと思われる年配のおば様達がわんさかといらっしゃいました。

洗い場のスペースも広くとっていて、背中合わせになっていても
その間の通路が広くゆったりしたスペース確保されていました。
露天風呂自体の湯船は大きくないけど、漁火が見えるロケーションはばっちり。
そして一番のウリである高濃度炭酸泉は、かなり気にいりました。
湯船に入ると体中に泡がいっぱい付着します。
道南だと、上ノ国町国民温泉保養センター(通称:湯ノ岱温泉)が天然の炭酸泉で
やっぱりここも湯船に入ると泡が付着しますが、泡の付着量比べ物になりません。
七重浜の湯は湯ノ岱温泉の4.5倍は泡がつく感じでびっしりと泡に包まれます。
他に湯船は、薬湯もあり銭湯と考えたら、大人400円は安くてお得感がありますね。
垢すりやマッサージも頼むことが可能ですし、お食事どころもあります。
ヘアーサロンまであって格安でカットできたり、顔剃りができるのも嬉しいサービス。

温泉?ほんと?と最初文句を言ってしまいましたがぜんぜんOKです。
スーパー銭湯としては、かなり優秀♪
しかもスポーツ会員になると、お風呂に入り放題です。
全日利用できるレギュラー会員月額8500円で、年間一括払いだと85000円。
本気で会員になるのちょっと検討中です(笑)もう少し何度かお風呂に通ってみよう。

館内比較的ゆったりしているので、車で旅行中だと立ち寄りするのも便利だと思います。
更衣室もかなり広々しているので、小さなお子さん連れでも大丈夫。
フェリー乗り場とも約2.7kmの距離なので車で5分。


住所:北海道北斗市七重浜8丁目4-1
電話:0138-49-4411
営業時間:全日 5:00~23:00(最終受付 22:30)
スポーツクラブ:10:00~22:00(最終受付 21:00)
駐車場:無料駐車場300台

大人入館料 400円430円 2013/11/1から値上げになりました
朝5時~8時までの間に入館すると大人380円400円

※追記 2013/11/26
20136/11/1から値上げされてしまいましたが、毎月何かしらイベントを行っていて
子供さんが無料になる日や、次回無料券をいただける日などいろいろあるようです。
詳しくは、七重浜の湯公式ブログで確認下さい。
かなり企業努力されていて好感が持てます。

お役に立てたらClickしてネ(* ^ー゚)ノ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

| 温泉 | 22:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

上の湯温泉 銀婚湯 その2

上の湯温泉 銀婚湯(2013年02月13日)の記事では、銀婚湯の良さを書ききれなかったので続きます。


カメラワークが酷いのですが、露天の様子です。
内湯から露天までは、屋根のある簡易廊下形式になっていますから
雨や雪に濡れず、外のお風呂まで移動できるようになっていました。
これってとても嬉しいことです。

それと動画に写っている露天風呂のどの位置で入浴しても、
石の固定位置が計算されているように、それぞれ座り勝手がとても良いです。
足元がふらつく高齢の方たちのために、介助バー的なものはありません。
でもさりげなく、露天の石段になっている部分に大きくて高さのある石があり
ちょっと掴まったりできるような配慮もされているようです。
景観を壊さずに、さりげなくそういった地味な心使いが粋だなーって感動しました。
これこそ、日本の良き「おもてなしの心」

≫ Read More

お役に立てたらClickしてネ(* ^ー゚)ノ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

| 温泉 | 01:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

上の湯温泉 銀婚湯 

銀婚湯 2013年2月

八雲町にある上の湯温泉 銀婚湯に行って来ました。
ここは日本秘湯を守る会に参加されている温泉です。

道南には温泉がたくさんありますが、
日本秘湯を守る会に参加されている温泉は
ここ銀婚湯と知内温泉ユートピア和楽園の2つだけのハズ。

私、銀婚湯は2度目なのですが前回はかなり大昔に行ったので記憶が曖昧。
今回はじめて尋ねた温泉のようにたっぷり堪能してきました。
平日だったため入浴中は誰もいなく内湯・露天ともに貸切状態でした。



≫ Read More

お役に立てたらClickしてネ(* ^ー゚)ノ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

| 温泉 | 00:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

八雲町 盤石温泉 2 (行き方)

先日の八雲町 盤石温泉の続きです。(写真はクリックで大きくなります)


場所は、八雲町清龍園パシフィック温泉ホテルの少し手前になります。
(距離にすると1、2kmくらい手前)
カーナビに清龍園か銀婚湯のどちらかを設定して進めば目安になると思います。
国道5号線から道道67号線に入り厚沢部方面に向かい
下記のような分岐で右折してダートコースに入ります。
八雲町盤石温泉2012年6月 八雲町盤石温泉2012年6月
Youtubeにある【車載】北海道道67号線の2:23秒あたりが分岐点になります。
ちなみに、2:51秒左手が清龍園。2:57秒右手が銀婚湯。
2:48秒左手に無人たまご販売されていて、ここのたまごがめっちゃ美味しいです。


八雲町盤石温泉2012年6月 八雲町盤石温泉2012年6月
ダートを道なりに進んでいくと写真左のような黄色の橋があります。
この橋をわたり更に700mくらい進んだ先が盤石温泉です。
橋の先は、酪農されている方の施設が数件立ち並んでいますが
その先は、道幅も一気に狭まりどんどん怪しい雰囲気。
夏場だと草もうっそうと茂っていますから、このまま進んでいいのか
かなり不安になりますが、どんどん進んでください。
ちなみに冬場は、何度かきましたけど雪がすごくて進めませんでした。
雪のない時期をおすすめします。冬だと徒歩しかないのかも?


八雲町盤石温泉2012年6月 八雲町盤石温泉2012年6月
八雲町盤石温泉2012年6月 八雲町盤石温泉2012年6月
黄色の橋から700m進んだ先に、小さな盤石温泉の看板と、
小さな川向こうに小屋が見えます。ここが目的地の盤石山荘こと盤石温泉。
この小さな看板が立っている場所は、ダートコース本線から少し外れた場所にあり
(川原に少しくだるようなイメージ)車は1.2台止めるスペースはあり。


八雲町盤石温泉2012年6月 八雲町盤石温泉2012年6月
盤石山荘のドアを開けると右手に浴室があります。
ジャブジャブとかけ流しになっていて、両脇に窓もあるため
浴室はかなり明るい感じで気持ちよく入浴できそうです。


八雲町盤石温泉2012年6月 八雲町盤石温泉2012年6月
八雲町盤石温泉2012年6月 
八雲町盤石温泉2012年6月 八雲町盤石温泉2012年6月
浴室反対側の左手には、休憩スペースがあります。
電気も通っているようです。


これだけの温泉を善意で無料開放されていらっしゃいます。
どうか節度を持って、この温泉を大切に利用されることを望みます。
あとこの辺はヒグマもフツーに出没する場所のはず。
ゴミはどうかかならず持ち帰って処分してください。
熊って食べ物のにおいに敏感ですから、
小屋のまわりや小屋の中に食べ物のにおいを感じたら
突撃しかねません^^;怖すぎます。
どうかこういった無料の小さな温泉は、大切にして欲しいです。

お役に立てたらClickしてネ(* ^ー゚)ノ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

| 温泉 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

八雲町 盤石温泉

八雲町盤石温泉

先日八雲町にある盤石温泉に行ってきました。

八雲町盤石温泉

八雲町盤石温泉

ここは個人所有の温泉で、所有者の善意から無料解放されている小さな温泉。
小さな小屋に手作り浴槽に源泉かけ流しの贅沢な空間。
泉質はかなり塩っけの強い体にガツンとくるパワフル系泉質に感じました。

近隣のおぼこ荘や桜野温泉よりも塩けが強く
この二つよりも更にパワフル系な温泉かな?
多分夏場だと、汗がひかなくて大変かも?

この辺、熊の宝庫のはずです^^;
しかも飲酒運転する不届きものがいるらしく、
ここまでパトカーが巡回にきているとか^^;
どれだけみんなアホなんだろう・・・

たくさん写真や動画を撮ってきたけど、
残念なことに私のPCがクラッシュしてしまいまして後日ゆっくり掲載します。
新しく注文したPCは、第三世代インテルで2.3日中に届く予定♪



お役に立てたらClickしてネ(* ^ー゚)ノ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

| 温泉 | 11:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

函館 陣川温泉まもなく閉館

昨年12月に廃業された湯の川温泉 日の出湯の廃業に続き
今月末にまた1つ函館の温泉が閉館します(ToT)

陣川町にある「陣川温泉」が建物の老朽化が原因で営業継続を断念。
2月いっぱいで廃業だそうです。
併設の「鉱石ミネラル嵐の湯」と「陣川食堂」も同じく閉館。
道路を隔てて向かいにある陣川パークゴルフ場は営業継続するそうです。

陣川温泉

ここの陣川温泉は函館市内では珍しい硫黄泉です。
濃厚な硫黄泉ではなくうっすら薄い感じの硫黄泉ですが
お風呂あがりは肌がスルスルしてて
美肌の湯で女性に人気があっただけに残念です。
函館市内は結構パワフルな塩泉系が多いので、硫黄泉は貴重です。
ただ露天も狭いし、洗い場に余裕がない作りだからなのか
結構窮屈な印象の温泉で、いつも混みあっています。
今月末に閉館ってことでますます混むのかな?
早めに入浴に行ってこよう。残念だなー(ToT)


陣川温泉
〒041-0833 北海道函館市陣川町122-7 0138-51-6009
営業時間/13:00~23:00、土日祝10:00~23:00



お役に立てたらClickしてネ(* ^ー゚)ノ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

| 温泉 | 00:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

濁川温泉 美完成

ちょっと更新をさぼっていました。

北海道もいよいよ寒くなってきて温泉の季節到来です。
最近のお気に入りは、濁川温泉の美完成♪ここがお気に入りです。
いつも空いてるし、お湯はシャキっとしていて油臭いニオイも堪りません。
しかも露天からは360度夜空が見渡せます。
内湯はちょっと熱めで露天が温めで、このお湯の温度も絶妙に私好み。

以前は、内湯はめちゃくちゃ熱くて
多分観光客の方などで熱めのお湯に慣れていない方だと
熱くて入られないくらい?の温度だったかもしれません。
でもそれがなくなり、最近は適温です。
シャワーの出もいいし、いつも清潔で気持ちよく入浴ができます。
お値段も400円♪回数券もあり11枚綴りで4000円で販売されてます。

おそばなどの食事もできるみたいなので一度食べてみようかな。

過去に撮影した動画があります。
美完成 内湯 動画 
美完成 露天風呂 動画 
美完成 源泉井戸 動画

お役に立てたらClickしてネ(* ^ー゚)ノ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

| 温泉 | 20:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

那須湯本温泉 雲海閣

那須湯本温泉 雲海閣
那須湯本温泉 雲海閣 自炊場レポ (06/17)
那須湯本温泉 雲海閣 お部屋レポ (06/20) に続いてお風呂の感想。

写真は明礬泉の男性用?の浴槽です。
今年5月の宿泊時に、明礬泉の浴室に男性用や女性用の表示は見当たりませんでした。
でもあちこちのブログでも紹介されているように一般的にはこちらが男性用で
少し小さめ浴槽のほうが女性用とされているようです。
浴室には、貸切中と表示できるような札があり、小さな方の浴室は貸切で利用できる風でした。

≫ Read More

お役に立てたらClickしてネ(* ^ー゚)ノ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

| 温泉 | 22:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。