妄想激嬢

自分の興味あることの覚書としてメモってます。

2011年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お役に立てたらClickしてネ(* ^ー゚)ノ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラブ子の一周忌

私の大好きだったラブ子が亡くなり今日でちょうど1年。

ラブ子の大好きだった雪が降っても
降り落ちた桜の花びらを散らして走っていた風景の中にも
いつも一緒にいたはずのラブ子はどこにもいません。
亡くなったことが信じられないまま、もう1年が過ぎてしまいました。

ペットロスって、自分が体験してみてはじめて理解できた。
もう一度でいいから会いたい。

今でも時々、雨が降ると濡れていないかな?とか
あれ、散歩にいかなきゃおしっこ我慢しているかな?とか
ドックフードが安売りしているから買おうかな?とか
ラブ子が死んだこと忘れてしまっている自分がたまにいます。
はっ!と我に返って、「ラブ子はもういないんだ」と悲しくなる自分。

ペットって家族で一番の友達だから・・・やっぱり辛い。
一目でいいので会いたい。
スポンサーサイト

お役に立てたらClickしてネ(* ^ー゚)ノ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

| 老犬 ラブ子 | 00:57 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キタキツネ

キタキツネ

今の時期の北海道、キタキツネを見かける頻度が高くなります。
今年の春に生まれたキタキツネが巣穴からひとり立ちする季節がちょうど今頃らしく
餌を求めて、ふらふらと道路に出てくる子もいるようです。

写真は大沼湖畔の道に夕方フラフラと出てきていたキタキツネ。
キツネが道路に出てきたので車を停めたら、恐れることなく接近してきます。
これは車に近づいたら人間から危害を加えることもなく
楽して餌を貰えること、すっかり学習してしまっているのでしょうね。
動物界を破壊してしまうようなマナーの悪い方たちのしわざ。困ったものです。

人間の食べ物は決して動物に合うとは限りませんし、
病気を引き起こしてしまう場合もあります。
動物界には、動物界の生態系があるので、それを破壊してしまうような行為はやめましょう。
「かわいいから」とか「かわいそうだから」というのもナンセンスです!
動物には動物の事情があります。見守るだけにしておきましょう^^

去年の今頃は、近年見たこともないほど痩せ細ってアバラ骨の浮いてるキツネをよく見かけました。
去年は山に食べ物が不足していたようで、山の動物達みんなが痩せていたようです。
でも今年は去年よりふっくらしているから大丈夫。
沿道で餌を与えられることを覚えてしまうと、キツネの交通事故も増えてしまいます。
絶対に絶対に餌は与えないで下さい!!



≫ Read More

お役に立てたらClickしてネ(* ^ー゚)ノ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

| 観 光 | 06:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011年オレガノ

今年のオレガノは、7号鉢で育てました。
これも苗購入ではなく、種からの栽培です。
欲張って、発芽したものをそのまま栽培したのでかなり混みあってます^^;
ちょっと油断して混みあったままにしておくと葉が黒く変色してきだすので
毎日必死に観察して、適度に切りもどししていたためかなり収穫できました。

画像の量の収穫が、ひと夏で5回は採れたかも?
その他、お料理のたびにチマチマと収穫していたからかなりの量になります。
2011年オレガノ

まだまだ収穫できそうなのですが、根元のあたりが木質化してきているので
地植えしてみようと思っています。
オレガノは耐寒性もあり、多年草なのでだめもとで
野生化しているタイムのおとなりに植えてみます。

タイム・セージ・オレガノと並んで育てて育つかな?
庭の風とおしも水はけもよく、日当たりのいい特等席があるんです。
根付くといいなー。

収穫した写真の量を乾燥させるとこんな感じ↓

≫ Read More

お役に立てたらClickしてネ(* ^ー゚)ノ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

| ハーブ | 01:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。