去年の8月上旬に納車された私のホンダ車
グラスコーティングをして納車して頂きました^^
あれから半年が過ぎ、雪国のコーティング車がどんな感じなのかレポです。
私もコーティング施工する前には、どういったメンテナンスが必要なのかな?とかいろいろ検索して調べましたのでこれからコーティング検討されている方の参考になれば幸いです。

ホンダ ウルトラグラスコーティングNeoメンテナンスキット
地元のホンダでグラスコーティングをお願いし納車されたときに上記のようなメンテナンスキットがついてきます。(画像はオーナーズブックから引用)
◇パッケージ内容
  • オーナーズブック (メンテナンス方法のガイドブック)
  • 保証付施工証明書 (車検証と一緒にファィルされていました)
  • 施工済みステッカー (納車時リアウィンドに貼ってあり、予備シールがもう1枚あり)
  • クリーナー (頑固な汚れ(雨スジ、ピッチタール等の油脂汚れ)落とし用)
  • コンディショナー (時々洗車時の拭きあげ時に使用)
  • 専用カーシャンプー (汚れの酷いときに水で薄めて使用します)
  • 洗車クロス (洗車時&拭きとりに使用・約30cm×25cmの大きさ)
  • マイクロファイバークロス (コンデショナーやクリーナーの拭きとりに使用)
  • プロスポンジ (クリーナー専用スポンジ)

◇ 8月上旬の納車時
一目みて渋い光沢に惚れ惚れしました。
真夏にも関わらずボディに触れるとひんやりしているようなイメージ。
ヒンヤリ!というのはあくまでイメージですが・・・
塗装面がツルツルしてて指先のひっかかりが全くありません。
まるでエステ帰りのお姉さんのような車に感じました。

◇ 8月上旬~10月末くらいまでの3ヶ月
ホンダからコーティング施工したばかりの時は、軽い水洗い洗車のみにして下さいと言われました。雨あがりに陽射しがあると水滴がレンズになってしまい、塗装に負担をかけるのが一番良くないらしいので、とにかく雨があがったらすぐにエアガンでの水洗い洗車。雨あがりすぐの洗車なので汚れもスルっと塗装面を滑り落ちるように流れていきます。拭き取りの段階で水滴もコロコロとやはり滑り落ちていっているので拭き取りはかなり楽。洗車回数が増えたけど、短時間で洗車&拭き取りが完了するので全く苦になりません。
私はこの3ヶ月間は、シャンプー1度も使用せず。
拭き取りするとやっぱり車には光沢があって綺麗です。

メンテナンスキットについている洗車クロスは小さめなのとあまり高品質ではないようなので、カー用品店で大きめサイズのものを購入しました。セーム革でもいいのでしょうけど最近優れた商品が多いので「水滴が残らない!」みたいな宣伝文句のものを購入して使用しています。

◇ 11月~雪が積もる12月下旬頃までの2ヶ月間
寒くなり洗車ペースが落ちてきました。雨あがりにすぐの洗車だとシャンプーなしの水洗いでOK。ボディに泥がつきそれが陽にあたり乾いてしまった場合は、一度車を水洗いし、バケツにシャンプー液を作りスポンジで泡だててやさしく洗います。メンテナンスキットのシャンプーは泡がとても立ちますが泡切れもよく扱いやすいシャンプーです。スポンジはこれまたカー用品店で「コーティング車にもぴったり」みたいなうたい文句の大きめスポンジを購入。いいスポンジは泡がクリーミーで素晴らしい!
この時期は水洗い洗車3回してその次にシャンプー洗車1回みたいなペースです。
シャンプーしたときは、拭き取り後メンテナンスキットに入っているコンディショナーを使用。
これは一度完全に拭き取ったボディにマイクロファイバークロスをすすいで堅く絞り、2プッシュくらいスプレーしてなじませたものでボディを拭き上げます。これをすると、ツルッツルになるんです。車は本当にピカピカ♪明らかにその辺走っている車とはぜんぜん違って輝いています^^コーティングの威力がわかるのはこれからかな?なんとなくそんな風に感じました。

◇ 1月~ 完全に雪が根雪になっている北海道の冬
ますます寒くなり洗車回数が激減しています。
この時期は、毎回洗車時にシャンプー&コンディショナーを使用しております。
コンディショナーを使用していると、雪が積もった場合もスルっとすべり落ちていきます。ただ氷がやっかいです^^;しかもスノーブラシって結構堅めなのでこれはボディにかなり悪影響なんじゃないかなって気がするんです。北海道の冬はボディにとっても厳しい環境です。
車庫があるお宅だといいのだろうけど、我家のように野ざらし駐車している場合は、毎回コンディショナーは使っていたほうが良さそう。ちなみトランクにいれっぱなしのシャンプーは凍っていました。
コーティング車は洗車機使用はボディに傷がつくからご法度です。スノーブラシってこの洗車機のブラシより堅そうですよ(ToT)どなたかコーティング車用のボディに傷がつかないスノーブラシ開発して下さい(叫)

なお、油脂汚れなどの頑固な汚れの時に使用するクリーナーは雨じみで天井に一度だけ使用しました。コーティング施工半年くらいじゃ使用しなくて大丈夫みたいです。春になったら使うようになるかもしれませんね?雪が溶けて私の車はどんな感じになっているのかな?
とにかくとにかくスノーブラシが怖い^^;

この時期は雪が降っていない晴天の日を狙って洗車しています。シャンプー洗車してコンディショナーを使用して拭きあげ完了したあとはやっぱり車が綺麗です。一度洗車場でとなりにいた方が、同じホンダ車で車種こそ違うけど同じ色の車。お天気だったので固形ワックスをかけていらっしゃったのですが車の輝きがぜんぜん違うんです。
ワックスはボディ表面がギラギラしている感じがして、コーティング車は内面からクールに輝いているような感じがしました。女性の肌でたとえると、固形ワックスはお化粧の仕上げにハイライト(パール)をたっぷり使用してテカテカ輝かせているようなそんな感じに対して、コーティング車はお肌のスキンケアを充分に日々行っている肌のように内面からの透明感が感じられるようなそんな感覚です。この感覚の違い男性に伝わるかな?(笑)

洗車したてに粉雪だと、雪はみんなボディを滑り落ちていきます。
このビジュアルは結構感動しました♪コーティングって凄い威力です。



そういえば・・・一度水の入ったバケツをぶんぶん振り回しふざけていたら、手元が狂いボンネットにドスっと落としてしまったことがありました^^;あせってボディ確認したところぜんぜん傷がついていなかったんです。
意外とこのコーティングって堅いのかもしれませんね?物凄い音がしたので絶対ボディに傷がついた!そんな風に思い込んでいたので拍子抜けしてしまいました。ホンダヽ(゚▽゚*)乂(*゚▽゚)ノ バンザーイ♪



その後の状況を追記
ウルトラグラスコーティングNEO 3冬目レビュー(2013年02月20日)


★もしこれからコーティングを検討されていらっしゃる方へ
コーティング車は、納車後のメンテナンスも大切ですが、一番重要なのって納車時期だと思います。
コーティング施工後、コーティングが硬くなるのには3ヶ月くらいかかるそうです。
そのデリケートな期間にあまり宜しく環境だと、せっかくのコーティングも台無しになってしまいます。
たとえば雨の多い時期だったりホコリの多い時期だったり、降雪地帯でスノーブラシを使用する季節だったり
コーティングがまだ充分に硬くなっていない時にはダメージ(傷や雨染みなど)をおこしやすくなり
雨染みなどは、できたまま表面が硬くなってしまうようなこともあるそうです。

車庫があるorなしなどそれぞれ環境が違うでしょうけど、納車時期って結構ポイント。
これは購入してから、気がついたことなのですが私はたまたま夏場に納車でラッキーでした。

Tag:ウルトラグラスコーティングNEO

コメント 0

新着記事一覧