妄想激嬢

自分の興味あることの覚書としてメモってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お役に立てたらClickしてネ(* ^ー゚)ノ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

那須湯本温泉 雲海閣

那須湯本温泉 雲海閣
那須湯本温泉 雲海閣 自炊場レポ (06/17)
那須湯本温泉 雲海閣 お部屋レポ (06/20) に続いてお風呂の感想。

写真は明礬泉の男性用?の浴槽です。
今年5月の宿泊時に、明礬泉の浴室に男性用や女性用の表示は見当たりませんでした。
でもあちこちのブログでも紹介されているように一般的にはこちらが男性用で
少し小さめ浴槽のほうが女性用とされているようです。
浴室には、貸切中と表示できるような札があり、小さな方の浴室は貸切で利用できる風でした。


那須湯本温泉 雲海閣 那須湯本温泉 雲海閣
明礬泉のお風呂は帳場の裏側にあたり少しだけ階段を下りたところにあります。
以前使われていた洗面所が、超レトロ・・・。
ここの温泉の長い歴史を感じました。

那須湯本温泉 雲海閣 那須湯本温泉 雲海閣
レトロな洗面所を背にするとスリガラスの脱衣所が2つ並んでいます。
左側のほうが少しスペースが広く3畳強?くらいで浴槽は、このブログ記事1枚目の大きめのお風呂になります。

那須湯本温泉 雲海閣 那須湯本温泉 雲海閣
右側は脱衣スペースが狭く2畳弱しかありません。浴槽も写真のとおり小さめです。
ほとんど一人用というか、二人で入るのなら知り合い同士じゃないと厳しそう^^;

お風呂は陽射しも入り明るくてお湯もさっぱりしてて気持ちよかった。
湯温も適温でとても快適です。
ただ女性用の表示が逆になかったため、もしかして誰かにドアを開けられるかも?って
すごく不安で不安でしかたがありませんでした^^;
そのおかげでゆっくり入っていられなかった(ToT)
今、思えば貸切中の札をキチンと表示させてゆったりすると良かったのに・・・と悔やまれます。
お風呂の利用はきっと臨機応変でアバウトなのかもしれませんね。

那須湯本温泉 雲海閣 那須湯本温泉 雲海閣
浴槽の底のタイルがたくさん剥がれているのですが、陽射しがあたりアートっぽく感じました。
写真で気がついたのですが、こちらの明礬泉の大きな浴槽のほう(男性用)の湯汲み桶が水色なんですが、小さな浴槽(女性用?)のほうはピンク色のものでした。
硫黄泉のほうは脱衣カゴの色が男女別で水色とピンクで色分けされているんです。
なんだか、こんなところに湯守人のこだわりを感じて嬉しく思いました。
これは帰宅して写真を見直してみてはじめて気がついたのです。

那須湯本温泉 雲海閣 那須湯本温泉 雲海閣
那須湯本温泉 雲海閣 那須湯本温泉 雲海閣
例の長い階段を下りていくと、やっと硫黄泉のお風呂です。
男性のお風呂は白いのれんの方で脱衣所も広めです。(脱衣カゴは水色♪)

那須湯本温泉 雲海閣 那須湯本温泉 雲海閣
日中は陽射しもはいりかなり明るくて快適ですね。
男性用の浴室も女性用より若干だけ大きめですが、天井が写真のとおり低めです。

那須湯本温泉 雲海閣 那須湯本温泉 雲海閣
女性用の脱衣所はめちゃくちゃ狭いです。畳2畳ないと思います^^;
脱衣所の中には、こんな張り紙が・・・
あまりの気持ちよさに長居してしまう方があとを絶たないんですねきっと・・・。

那須湯本温泉 雲海閣
お風呂は私が入ったときは、浴室の床がすっかり乾いていましたので、
しばらく誰も入っていなかったんだと思います。
そのせいなのか、お湯は白濁というより透明で私が入浴しているうちに白濁してきました。
これってお湯が新鮮な証拠なんですよね^^
空気にたくさん触れることで白濁してくるらしい。

木の浴槽の肌ざわれは気持ちよく、お湯はとっても濃い硫黄泉でした。
道南には不幸なことにほとんど硫黄泉はありません。
大船温泉(南茅部町)にあるけど、そこはうっすら硫黄泉って感じで薄めです。
ニセコまで行くと硫黄泉はたくさんあるけど、それでもここより薄いかも?
そのくらいニオイも強くてお湯もガッツリしみこむ硫黄泉でした。
かなり私的に大満足で、夜中と朝方と階段はキツかったけど3回入りました。
明礬泉は2回入浴♪

帰りの精算のときに若旦那さんと少しお話ししました。
最初は、ちょっと怖い感じも受けたのですが温泉のことをお話ししているうちに
「あーこの方は本当に温泉を愛していて、こだわりがある職人気質の方なんだ・・・」
そんな風に印象が変わりました。
目ざとく私のキーホルダーの先についているミニケロリン桶を見つけて
「温泉大好きなんですねー」と嬉しそうな笑顔をされていたのが印象深いです。

私的には、こちらのお宿とっても好印象でしたし
是非また那須に行き、お世話になりたいと思います。
今度は絶対連泊してもっともっとお風呂を楽しみたいし
ガッチリ自炊して、ここを拠点にあちこち湯めぐりもしてみたい。






お役に立てたらClickしてネ(* ^ー゚)ノ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

| 温泉 | 22:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://moujyo.blog113.fc2.com/tb.php/567-526c6d60

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。