s-IMG_2937  s-IMG_2935

今朝、ぷち家庭菜園から採れたトマトです。

ほぼ毎日のようにトマトの収穫があり、続々と真っ赤に色づいています。

 

今年の出来栄えはかなりよく出来てます。

どれもが甘くて濃厚なお味で美味しいのです。

だけど・・・・庭は狭いので実はこの子たち4.5年の連作なんです。

連作障害ってあるんですけど、とくにトラブルもなく成長してくれました。

今年が近年で一番甘くて美味しいです。

連作ではあるけど、去年の秋と早春時期にちょっとだけがんばってみたからかな?

 

去年晩秋に、

トマトの枯れた茎や根をとりのぞいてから地中深く掘り起こしたんです。

だいたい1mくらいがんばって掘り起こしました。

うちは1m掘り起こしてしまうと粘土質のあまりいい土ではありません。

それで掘り起こした穴に、庭木整理した枯葉類とコンポストで出来上がっ堆肥を投入。

さらに有機肥料・砂・野菜用の培養土・ 薫炭を丁寧にまぜあわせてみました。

雨が上がった数日後にまた掘り起こして混ぜ合わせて、また雨が降る。

そして数日後に混ぜ合わせ・・・そんなことを繰り返し行ったんです。

いよいよ土がふかふかになった頃に、ここにジャンボにんにくの種イモを植えました。

ニンニクは秋植えで、冬を越させて成長させるらしいのです。

ニンニクを植えたまま冬が過ぎて春先にニンニクは掘り起こして、

別の場所に移動させました。

移動させたあと、土を掘り起こして掘り起こした湿った土を日光にあててみました。

何度か掘り起こして石灰をまいて準備した土にトマトを植えたんです。

そしてまわりにはコンパニオンプランツのバジルだらけ。

トマト1苗ごとにバジルで囲うように植えました。

このバジルは収穫することを想定しているわけではなく、トマトを美味しくさせる目的。

結局こちらのバジルも大収穫することができました。

トマトとバジルって本当に相性がいいですよね♪

これが大正解で、トマトが本当に美味しくできたのでしょうね^^

 

トマトは今年春先に6種類ぐらい1苗ずつで植えました。

アイコって品種とかデルモンテの品種も植えてみたんですけど、

キチンと管理していなかったので、どれがどれだかわかりません^^;

ちゃんと記録ノートつけて写真もとって配置図を保存しておかないとだめですね。

 

去年は収穫するたびに重さを量りどれだけ収穫できたのか記録していたけど

今年は何もしていません^^;やっぱり管理しないとだめだなー。


コメント 2

奈々氏  2008, 08. 15 (Fri) 16:10

昔の品種よりは病害虫に強くなったそうですが、ナス科の連作障害を防げたのはお見事ですね。
やはり土に力を入れた者が最後に笑うという不滅の真理は生きていたということでしょう(笑)

編集 | 返信 |  

らびあん  2008, 08. 17 (Sun) 23:36

でも広い畑だとやっぱ連作しないのが一番いいみたいですね。
プランターも連作しちゃうと成長悪くなってくるし、影響でまくりです。
"o(-_-;*) ウゥム…

編集 | 返信 |  

新着記事一覧