先日、七重浜の湯に入浴してきました。

ここは函館市に隣接する北斗市七重浜にある入浴施設です。
古くからある施設で、以前は「ホテル海王館 函館スパビーチ」という施設名で
ウォータースライダーや波の出るプールなどがあるレジャー施設でした。
併設して宿泊施設・ホテル海王館、温泉(?)入浴施設、スポーツクラブがあり
多分私の記憶が確かなら25年位前にオープンした施設だったと思います。
それが浜辺に建つ建物からなのか、塩害による屋根等の腐食により平成18年レジャープールの営業を終了。
その後ホテルとスポーツクラブとで営業継続。
それが去年7月にフィットネスクラブを併設し、海岸に面して露天風呂を新たに設置し
道南初という「高濃度炭酸泉」を導入した天然温泉七重浜の湯と完全リニューアルオープン。こんな流れでオープンした七重浜の湯。

オープンしていたことは知っていたけど、温泉?ほんとに?・・・という気持ちが強くて足が向きませんでした^^;
なぜなら、過去にここの施設で働いていた方と知り合いだったからです。
温泉というけど、塩素ガンガンで温泉とは名ばかりだと聞いていましたし
以前入浴したときに私も「あれ?これ温泉なの?ほんと?」と感じました。
今回もまた同じ感想です。
でも天然温泉という表記がついたりついていなかったりしていて
先日伺ったときにいただいたパンフレットには温泉という文字がひとつも書かれていません。
もちろん温泉成分に関しての表記もなしです。
でも新装オープンについての函館新聞のWEB版などや各種のニュースには
「函館 天然温泉 七重浜の湯」とあり、公式サイトのWEBタイトルにも天然の文字があるけどサイト内には、やっぱり温泉成分に関してのページは何もなし・・・どっちやねん!w

まっ、そんなわけで私としては、疑惑の温泉だから「スーパー銭湯」という認識のもと行ってきました^^

私が行った日は、ちょうど平日の午後2時頃。
多分空いてると思っていってみたけど、かなりの混み具合。
ジモティと思われる年配のおば様達がわんさかといらっしゃいました。

洗い場のスペースも広くとっていて、背中合わせになっていても
その間の通路が広くゆったりしたスペース確保されていました。
露天風呂自体の湯船は大きくないけど、漁火が見えるロケーションはばっちり。
そして一番のウリである高濃度炭酸泉は、かなり気にいりました。
湯船に入ると体中に泡がいっぱい付着します。
道南だと、上ノ国町国民温泉保養センター(通称:湯ノ岱温泉)が天然の炭酸泉で
やっぱりここも湯船に入ると泡が付着しますが、泡の付着量比べ物になりません。
七重浜の湯は湯ノ岱温泉の4.5倍は泡がつく感じでびっしりと泡に包まれます。
他に湯船は、薬湯もあり銭湯と考えたら、大人400円は安くてお得感がありますね。
垢すりやマッサージも頼むことが可能ですし、お食事どころもあります。
ヘアーサロンまであって格安でカットできたり、顔剃りができるのも嬉しいサービス。

温泉?ほんと?と最初文句を言ってしまいましたがぜんぜんOKです。
スーパー銭湯としては、かなり優秀♪
しかもスポーツ会員になると、お風呂に入り放題です。
全日利用できるレギュラー会員月額8500円で、年間一括払いだと85000円。
本気で会員になるのちょっと検討中です(笑)もう少し何度かお風呂に通ってみよう。

館内比較的ゆったりしているので、車で旅行中だと立ち寄りするのも便利だと思います。
更衣室もかなり広々しているので、小さなお子さん連れでも大丈夫。
フェリー乗り場とも約2.7kmの距離なので車で5分。


住所:北海道北斗市七重浜8丁目4-1
電話:0138-49-4411
営業時間:全日 5:00~23:00(最終受付 22:30)
スポーツクラブ:10:00~22:00(最終受付 21:00)
駐車場:無料駐車場300台

大人入館料 400円430円 2013/11/1から値上げになりました
朝5時~8時までの間に入館すると大人380円400円

※追記 2013/11/26
20136/11/1から値上げされてしまいましたが、毎月何かしらイベントを行っていて
子供さんが無料になる日や、次回無料券をいただける日などいろいろあるようです。
詳しくは、七重浜の湯公式ブログで確認下さい。
かなり企業努力されていて好感が持てます。

コメント 0

新着記事一覧